自動車なんでも相談室

「ながらスマホ」罰則強化

令和元年12月1日から、スマートフォンや携帯電話を操作しながら運転する、いわゆる「ながら運転」の罰則が強化されます。すでにテレビや新聞などでも繰り返し報じられていますが、普通車の場合、違反点数や罰金はいったいどのくらい引き上げられるのでしょうか?

まずは道路交通法の改正点等をチェックしておきましょう。

【携帯電話やスマホを運転中に使用した違反(保持)】

  • 改正前 「5万円以下の罰金」

        改正後 「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と懲役刑

  • 違反点数 「1点」から「3点」
  • 反則金 普通車の場合、6000円から1万8000円にアップ

(各車種ごとに約3倍に引き上げられます)

【携帯電話やスマホの「ながら運転」が、交通事故などの危険に結びついた場合】

  • 改正前 「3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金」

        改正後は「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」

  • 違反点数 「2点」から「6点」(一発免停になります)

以上のようにかなり厳しい改正といえるでしょう。

 多発する「ながら運転」による事故

しかし、悪質な「ながらスマホ」による事故の現実を見ていると、こうした厳罰化は当然の流れだと思います。

スマホでLINE漫画を読みながら運転したり、「ポケモンGO」などのゲームに興じながら死亡事故を起こすなどの事故が多数報告されています。

2018年、スマートフォンや携帯電話の操作などが原因で発生した人身事故は、2790件に上っています。そのうち死亡事故は45件も発生しています

運転中はスマホ・携帯電話をさわらない

交通事故自体は減少しているにもかかわらず、「ながらスマホ」に起因する重大事故が増しているというのは、現代特有の新しい事故形態が生み出した大きな問題です。「ながら運転」は、歩行者や他の車の発見の遅れにつながる極めて危険な行為です。走行中はスマートフォンなどの携帯電話などを使用したり、カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視したりしてはいけません。また、スマートフォンなどの携帯電話などについては、運転する前に電源を切ったり、ドライブモードに設定したりするなどして呼出音が鳴らないようにしましょう。運転中に、どうしてもスマートフォンなどの携帯電話などを使用しなければいけないときは、必ず安全な場所に停車してから使用するようにしましょう。

  • Archives
  • Categories
    • カテゴリーなし