自動車なんでも相談室

緊急自動車が接近してきたときの対応について

車を運転中にパトカーや救急車、消防車などの緊急自動車が近づいてきたら道を譲らなければなりません。しかし、道路の形状によってはどちらに寄ったほうがいいのか迷ってしまう時もあるでしょう。そこで緊急自動車が近づいてきたときの対処法などを今一度考えてみましょう。

 

緊急自動車(緊急車両)とは

そもそも緊急自動車とはどんな車でしょう。緊急自動車とは人命救助、火災や事故への対応など、緊急を要する自動車のことで緊急車両ともいいます。

緊急自動車は政令に基づいたもので、パトカーや消防車など公的なものと、ガス会社や病院のドクターカーなどの民間のものがあります。

 

赤い警光灯とサイレンの使用

パトカーや救急車、消防車などの緊急自動車が緊急走行する時は必ず赤色の警光灯を点滅させ、サイレンを鳴らしながら走行することが義務付けられています。
なおパトカーなどの警察車両がスピード違反を摘発する場合は、必要であれば警光灯やサイレンが免除される場合があります。

 

青い警光灯や黄色い警光灯も緊急自動車?

赤色の警光灯を点滅させる緊急自動車以外にも、青色灯や黄色灯を点滅させながら走行する車も見かけます。このような自動車も緊急自動車なのでしょうか。

青色灯は自主防犯用に使用される車に使われる警光灯です。地域の人などが警察に代わりボランティアで防犯活動をする際に使用されます。ただし勝手に使用することはできず、都道府県や警察から証明書の交付を受ける必要があります。

黄色灯は高速道路の道路管理のためのパトロールカーや除雪車、清掃車などの道路維持作業用自動車に使用される警光灯です。
青色灯も黄色灯も法令で定められたものですが、緊急自動車ではありません。

 

緊急自動車が近づいてきたときの対応

緊急自動車が接近してきた場合、基本的に左側に寄って緊急自動車に道を譲ります。すんなりと道を譲ることができれば問題ありませんが、スムーズに道を譲るのが難しい場面があるかもしれません。

交差点又はその付近で、緊急自動車が接近してきたときは、交差点を避けて、道路の左側(一方通行となっている道路でその左側に寄るとかえって緊急自動車の通行を妨げることとなる場合は道路の右側。)に寄って一時停止しなければなりません。

交差点又はその付近以外の場所で緊急自動車が接近してきたときは、車両は道路の左側に寄って進路を譲らなければなりません。

緊急車両が円滑に走行できるように配慮する

緊急車両に対して、一般の車両はその進路を妨げずに走行する義務があります。緊急車両の進行を妨げたり、緊急車両が本線車道に進入するときや本線車道を出るときにその進行を妨げるなどの行為を行うと、交通違反点数が加算され反則金が科されます。ただし、緊急車両が後方から近づいてきた場合、無理な減速や停止をすると後続車の走行に影響するおそれがあります。制限速度以下で走行車線を走っているときは、緊急車両の進路を妨げないように、安全を確保しながらそのまま走行しましょう。
緊急車両の進路を妨げないようにするには、サイレン音や警光灯にいち早く気づき、対処が必要な場合は早めに準備することが必要です。事故などによって緊急車両が出動する際は渋滞している場合が多いです。そんなときにサイレンを聞いたら、緊急車両の位置を確認した後、速やかに車線を譲る準備をし、緊急車両の邪魔をしないようにしましょう。緊急車両からアナウンスがある場合はそれに従いましょう。

  • Archives
  • Categories
    • カテゴリーなし