自動車なんでも相談室

熱中症に注意

ここ数年の夏は、毎年異常気象と言われるほど記録的な暑さが毎日のように観測されています。それに比例するように熱中症にかかる人が増加しています。

屋外に出る時はもちろん、実は車の中でも熱中症や脱水症状になりやすいのです。屋外に比べ直射日光を受けないという安心感からか、車中の熱中症対策は疎かになりがちです。自分だけでなく同乗者の健康を守るために、しっかりとした対策をとっていきましょう。

車内で熱中症になる原因

通常、エアコンの効いた快適な車内で熱中症になることはありません。しかし、日差しが強い時間帯は輻射熱の影響があります。特にドライバーはフロントガラスとサイドガラスからも輻射熱を浴びることになるので、体温が上がりやすい状況にあります。同乗者以上にこまめな水分補給を心がけなければなりません。しかしハンドルから手が離せないので水分補給を忘れがちです。トイレに行きたくなると困るという理由で水分を取らないという場合もあり、脱水や熱中症に気付かないこともあり大変危険です。

車内のエアコンをつけていても熱中症になる

エアコンをつけていれば大丈夫だと思いがちですがエアコンの風は後部座席まで届きにくい場合もあります。またエアコンが効いている車内は意外と乾燥しています。さらに輻射熱を身体に浴び続けると、非常に身体が乾燥した状態になり、脱水症状を引き起こす可能性があります。エアコンが効いた車での長時間のドライブは熱中症や脱水症状になりやすいので、暑い時期のドライブや長距離移動の際はとくに注意しましょう。

車内で熱中症にならないための対策

車内で熱中症や脱水症状にならないための対策として、車を運転または同乗するときは飲み物を携帯して、小まめな水分を補給しましょう。脱水を防ぐためには、こまめな給水(利尿作用のあるコーヒーや緑茶などのカフェイン飲料は避ける)と適度な休憩が不可欠です。これは運転者だけでなく、同乗者にも同様のことがいえ、特に高齢者や子どもには注意が必要です。少しでもだるさを感じ運転に集中できなくなったときなど、熱中症のような症状になったら、無理して運転せずに涼しい所で車を停めて休憩しましょう。

 

  • Archives
  • Categories
    • カテゴリーなし