自動車なんでも相談室

豪雨の中での車の運転

雨の中でも豪雨は、車の運転にとって特に危険です。歩行者にとっても車に気づきにくく事故が起きやすい状況です。豪雨は走行中突如としてやってくる可能性があります。そんなゲリラ豪雨や台風で大量の雨が降った時にはどのようなことに注意すべきなのか考えてみましょう。

視界が悪くなる

豪雨での危険性として考えられるのが、視界が悪くなることです。前が見えないぐらいの雨粒がフロントガラスに叩きつけるので、見えにくくなるのも仕方ありません。車の運転で見えにくくなることは致命的です。前方が見えなくなれば、前の車や道路、障害物さえ見えなくなる可能性があります。路面状況がわかりにくいので排水溝への脱輪や段差への乗り上げなどの危険があります。

滑りやすい

路面は普通の雨よりも滑りやすくなります。カーブでもスリップしやすく、しかも視界が悪いため、カーブのきつさがわかりにくく、急ブレーキや急ハンドルの危険が高まります。晴天時以上に慎重に、カーブの手前で十分スピードを落とし、カーブ内でのブレーキ操作はできるだけ控え、ハンドル操作も最小限にして走行しましょう。スピードを出せばさらに不安定な状況になっていきます。

川の急な増水にも注意

川沿いの道路など河川の近くを走行しているときは、川の急な増水に注意しましょう。水かさが増え、枝などが流れてくると危険です。上流で降った雨により急に増水することもあります。冠水の可能性がある道路の危険個所を各自治体で浸水害の予想区域などを示したハザードマップを作成しているので、大雨の際に冠水・浸水の危険があるルートをあらかじめ把握し、より安全な場所に避難する必要があります。

周囲より低い場所は避ける

ゲリラ豪雨や台風では大量の雨が降るため、道路の冠水や急な川の増水、土砂災害が起こりやすくなっています。冠水などによる被害を避けるには、立体交差のアンダーパスや高架下など周囲より低い場所を避けることが必要です。アンダーパスなどの冠水した道路では、見た目で水深を判断することが難しく、推測で走行してしまうと車が浸水する危険があります。そのまま進入せずに迂回するようにしましょう。

傘のない歩行者や自転車に注意する

雨が降り出したとき、歩行者は車の有無をよく確認せずに道路を横断してくることがあります。傘のない自転車の場合も同様で、スピードを上げて急に道路を横断したり、後方の確認をせずに急に車線を変更することがあります。雨の降り始めは、歩行者や自転車が予想外の行動をとるということを頭に入れて、歩行者や自転車の動きにもよく目を配りましょう。

雨が激しくなったら運転を中断する

ワイパーを最速にしてもフロントガラスの雨滴が拭い切れないほど雨が激しくなってきたときは、運転を一時中断して安全な場所に車を止め、雨がおさまるのを待ちましょう。待機のために道路の左端に寄って駐車すると、視界の悪さから後続車に追突される危険がありますから、必ず駐車場などの安全な場所に駐車するようにしましょう。

  • Archives
  • Categories
    • カテゴリーなし