自動車なんでも相談室

車を運転中災害にあった時

日本は海や山など美しい自然に恵まれた国です。同時に、地震、津波、台風、豪雨、火山噴火などさまざまな自然災害が発生しやすい国でもあります。災害が発生したときは車の運転を控えるというのはもちろんですが、運転しているときに災害が発生したら、どのように対処すればよいのでしょうか。事前に知識を身に付けることで、災害時に慌てることなく対応することができます。

走行中に地震が発生したら

地震は台風と違い予測できない災害なので、走行中に避けることができません。車を運転していると、さまざまな震動を感じますが、タイヤとサスペンションの効果によってある程度の衝撃は吸収され震度の小さな地震の場合はその揺れに気がつかないこともあります。そのため、走行中に「地震が発生した」と感じるような地震は、かなり大きい揺れが発生しているという事になります。大きな揺れを感じたときは、慌ててハンドルから手をはなしたり、急ブレーキをかけたりすることなく、ハザードランプを点灯させるなど周囲の車に注意をうながし、安全を確認してからゆっくりと減速して道路の左側へと車を移動させましょう。

揺れがおさまるまでは車内で待機

安全な場所に車を停止させても慌てて外に出ると危険な場合があります。まずは揺れがおさまるまで車外へ出ず、そのまま車内で待機します。この間に携帯電話のワンセグ放送やラジオなどで地震情報や交通情報などを確認して情報収集をしましょう。

避難する際の注意点

地震が発生して車で避難する場合、車の渋滞や道路上の障害物、信号機の作動停止といった障害によりスムーズに避難できないため、地震発生時に車で移動をするのは大変危険です。
そのため、津波から逃げる、避難する場所が近くにない等特別な場合を除き、原則として車を安全な場所に停めて避難するようにしましょう。

これは地震以外の災害の場合も含まれます。大きな被害の出ていない区域でも、緊急車両以外の通行の禁止、制限が行われることがあります。

 

車を駐車させて避難する

無理に車の運転を続けた場合、道路の陥没や崩落、高架の倒壊、火災などの二次災害に巻きこまれてしまう可能性もあります。駐車するときは、避難する人の通行や災害応急対策実施の妨げとなるような場所に駐車してはいけません。車はできるだけ道路外の場所へ移動させることが理想ですが、やむを得ず車を道路へ置いて避難する場合は、次の行動をとりましょう。

○車のエンジンを切って窓を閉め、キーはつけたままでドアをロックせずに離れる

○車内には氏名と連絡先をメモした紙を残し、車検証は持ち出す

○避難時の荷物は携帯電話や貴重品など必要最低限にして身動きをとりやすくする

 

災害から身を守る

大規模な災害が発生した場合はさまざまな二次災害が発生します。そして停電による信号機の停止や大幅な交通規制などで、車による交通は麻痺してしまう可能性があります。災害時の運転は細心の注意をしながら運転をする必要がありますが、できることなら運転を控えるのが一番です。そのためにも日頃から避難経路やハザードマップなどを確認しておき、いざというときに車がなくても避難できるようにしておくことが大切になります。

  • Archives
  • Categories
    • カテゴリーなし