自動車なんでも相談室

自動車学校・教習所ってどんなところ?

車の免許は欲しいけど自動車学校に通うのは不安な方は多いと思います。本当に車の運転ができるようになるのか、どんなことを勉強するのか、試験は難しいのではないかとわからないことだらけだと思います。ここでは自動車学校に入校してからの流れを紹介したいと思います。

自動車学校・教習所ではどんなことをするの?

自動車学校・教習所で学ぶことは基本的に技能教習と学科教習です。車の運転の授業と座学の授業ですが、どちらも第1段階と第2段階の教習に分かれています。 また、第1段階が終わると仮免許を取り、第2段階が終わると卒業検定を受け、これに合格すれば卒業です。卒業後は各都道府県の運転免許試験場で本免許試験を受け、合格すると免許取得となります。

技能教習とは

技能教習は指導員とのマンツーマンの個別指導で行われます。1時限の技能教習が終わるごとにその教習生の苦手ポイント等が引き継がれ、指導員が教習生のレベルを把握し得意不得意に応じ配分調整なども柔軟に対応します。付きっきりで教習となるので、まわりの目も気にすることなく疑問もその場で解消できます。

学科教習とは

学科教習は集団教習となり、座学の授業となります。交通のルールやマナーを学ぶことが基本となり、ビデオ学習などもあります。仮免許試験や本免許試験は学科教習で習うことが出題されるのでよく聞いておきましょう。

運転適性検査

入校したら最初に運転適性検査を受けます。運転適性検査は、教習を受ける前に、自分は運転に対してどのような傾向があるのかを知るための検査となります。入校する資格があるのかを測るために行われる試験ではないので落ちることはありません。この検査結果を元に自分の注意すべき点を把握しつつ、その点を意識しながら教習を受けるようにしましょう。

第1段階の学科教習

自動車を運転するのに必要な基本的な交通ルールやマナー・路上に出る前に最小限知っておくべき基礎知識を学びます。自動車学校・教習所から配布される教本を使った授業を受けることになります。先行学科(学科1)と呼ばれる「運転の心得」の教習を受けた後は、順不同で教習の番号順でなくても受講することができます。

第1段階の技能教習

教習所内(場内)で車の運転を練習します。自動車の各装置の基本操作や基本走行など、実際の道路で運転するための基礎的な実技を学びます。発進・停止・後退、交差点・狭路の通行など多くの課題を指導員が一緒に乗って練習します。また無線教習という1人で運転をする時間もあります。

「みきわめ」ってなに?

技能教習の最後の時間に運転の技術が検定をうけても合格できるだけの実力があるか指導員が判断します。これを「みきわめ」といいます。これまで練習してきた運転技術をトータルで指導員がみることとなります。良好となれば検定を受けることができます。そうでなければ追加で教習を受けることが必要になります。

修了検定と仮免許学科試験

修了検定とは、路上に出て運転するなど、第2段階の教習を受けるために必要な仮免許を取得するための技能試験のことをいいます。また仮免許学科試験は路上運転に必要なルールや知識があるかを50問の正誤式のテストとなります。修了検定と仮免許学科試験に合格すると、仮免許が交付されます。

第2段階の学科教習

交通事故防止に必要な知識や、特異な条件下での運転、自動車の保守点検、危険の予測、高速道路での運転など、専門的な知識を学びます。第1段階と同様に配布される教本を使った授業を受けることになりますが「応急救護処置」のように実技的なものも含まれます。

第2段階の技能教習

指導員と一緒に一般道路に出て行う路上教習です。交通法規にもとづく運転、危険の予測、高速運転といった、教習所内でのコースでは体験できない、応用的な運転技術を学びます。

卒業検定

卒業検定とは、路上で行う技能検定のことをいいます。これに合格すれば、運転免許試験場での技能試験を免除してもらえます。仮免許を取る際の修了検定とは違い、学科試験はありません。本免許の学科試験は、自動車学校・教習所卒業後、運転免許試験場で受けます。

卒業証明書の交付

卒業検定に合格すれば卒業で卒業証明書が交付されます。運転免許試験場での技能試験を免除してもらうための重要書類です。その後、運転免許試験場で本免学科試験(100点満点中、90点以上で合格)を受験し、合格すると免許証の交付となります。

  • Archives
  • Categories
    • カテゴリーなし