自動車なんでも相談室

はやく車に乗りたい

16歳になると400cc以下のバイク、原付などの運転免許が取得できるようになります。さらに18歳になると普通自動車の運転免許も取得できるようになります。行動範囲も増えるのでこのくらいの年齢になると「免許を取りたい!」と考える人は多いのではないでしょうか。

原付免許なら16歳から取得できる

一番早く簡単に取れる免許は原付免許です。50cc以下の原動機付自転車(原付・スクーター)を公道で走らせることができる免許証を原動機付自転車免許、通称「原付免許」といいます。原付免許は自動車のように教習所に行かなくても取得することができます。1日の講習と運転免許試験場で適性試験と学科試験を受けて合格すると免許証を取得することができます。取得資格は16歳からと普通自動車免許よりも年齢が低く、試験に合格すれば1日で免許証を手に入れることができます。また、普通自動車免許を取得することで原付も運転できるようになります。一般的には総排気量が50cc以下の二輪車が原動機付自転車と呼ばれています。原付と言われている原動機付自転車は、街中でよく見ることができるスクーターなどのことをいいます。

原動機付自転車の特徴

原付の最高速度は30km/hです。また交差点によっては二段階右折が義務付けられている場所があります。高速道路は走行することができず乗車定員は1人で2人乗りはできません。燃費が良く維持費も自動車や自動二輪車より安く通勤・通学・買い物などによく利用されています。

高校生でも車の免許は取れる?

18歳になれば高校生であっても普通自動車免許を取得することが出来ます。ただ、学校によっては校則で免許の取得を禁止されている学校もあると思いますのでこの辺りは学校の校則と照らし合わせながら考える必要があると思います。
高校3年になり、進学や就職を視野に入れて高校生活を過ごす頃、多くの方が「車の免許」の取得を意識し始めることと思います。就職をされる方であれば四月の入社時には免許を所持しておきたいという方もいるでしょう。高校生が普通免許をとるのに最適な時期について考えていきたいところです。

高校生が免許を取得するのに最適な時期は?

普通免許を取得するためには18歳になっている必要があるので高校三年での普通免許取得となると、誕生日がいつかということも重要になってきます。
4月~7月ごろの誕生日の方であれば夏休み頃から教習所へ通えるという方もいます。 しかし誕生日の遅い方は春休みくらいまで教習所に通えないという方もいると思います。
そうなると春休みの長期の休暇を利用して一気に免許取得と考える方も多くいます。しかし高校三年時の春休み時期は大学生も長期休みになる為、どこの教習所も混雑が予想されますので時間を教習に裂く必要があります。

高校生が教習所へ通う際の注意点

高校生の方が教習所へ通い始める際にいくつか気を付けなければいけない点もあります。それはそもそも学校(高校)で教習所に通うことが許可されているかということです。学校によっては「〇月以降から」や「就職・進学が決定したら」などと条件がある場合も多いと思います。またバイクの免許は禁止という高校も少なくはないでしょう。教習所へ通う際は学校のルールに則って、先生と相談してから決めた方がいいかもしれません。

AT車かMT車を選ぶ

運転免許を取るときに、オートマ(AT)限定という種類がありますが、そもそもオートマ(AT)とマニュアル(MT)の違いって何でしょうか?
マニュアル(MT)とオートマ(AT)の違いって、今まで車に乗ったことのない人にとっては大きな疑問だと思います。簡単に言うと、マニュアル車(MT)はドライバーがギアチェンジをして速度を変更することができるタイプの車を言います。それに対して、オートマ車(AT車)はがドライバーがギアチェンジをする必要性がありません。では実際に運転するときにどのような違いがあるのでしょうか?

MT車の特長

MT車は、クラッチ操作やギアチェンジを手動で行い、変速操作を行います。ATに比べ、操作の難しさや作業量が多くなりますが、その分クルマを操る楽しさをより味わえます。

AT車の特徴

AT車は、クラッチ操作やギアチェンジを自動で行います。MT車に比べて運転は比較的簡単です。またクリープ現象によってアクセルを踏まなくてもゆっくりと車が動き出します。

「男はミッション」はもう古い!?

少し前までは男であれば「車の免許はMT車でとらないと」という考えがあったと思います。しかしこの考え方は古い価値観だと思います。免許証に「AT車に限る」と書かれていると「ダサい」なんていうのも誰かに毎日自分の免許証を見せるなんてこともないと思います。かつては「MT車を運転できない男性は格好悪い」といった風潮もあったかもしれませんが、今やそのようなイメージは薄れてきたのではないでしょうか。将来的にも絶対にMT車に乗ることはないと断言できるのであれば、AT限定免許を取得したほうが労力も費用もかからないのは事実です。もっとも、都市部と地方では事情も変わってくるでしょうが、今後は自動車の運転に消極的な若年層がますます増えていく可能性もありますので取得の難易度や料金が低いAT限定に傾くのは自然なことだと思います。

  • Archives
  • Categories
    • カテゴリーなし